しまむら

しまむら

しまむらの公式ホームページはこちら

しまむら女の子ファッションといえば、しまむらが人気です。
最近では、全身をしまむらで買った洋服で歩いている女性のことを「しまむらー」「しまらー」と呼んだりもしているそうです。

ファッションセンターしまむらとは、衣料品のお店です。1953年に、埼玉県にあった「島村呉服店」を株式会社として設立したのが始まりだとか。 後述しますが、しまむらの通販サイトは現時点(2016年3月)ではまだスタートしていません。

さて、そんなしまむらですが、 今では全国各地にチェーン店があります。低価格で、中高生のお小遣いでも買えるのが人気の秘密だそうです。

中高生のお小遣いでも買えるのがしまむらの人気の秘密

低価格というと、ユニクロなども代表的なお店ですよね。
いわゆるファストファッションというカテゴリになります。海外からやってきたブランドでいうと、H&MやGAP、Forever21等があります。 でも「中高生がお小遣いで買える」のが、しまむらの人気。

たとえば、タートルネックTシャツは、500円。冬の重ね着に何枚あってもいい商品ですよね。チュニックシャツが、1470円。レギンスも1270円。ブーツカットパンツさえ、1870円なんです。しかも、安いだけではなく、デザインもいいんです。今時の流行テーストをちゃんととらえているから、全身「しまむらー」でも、やぼったくなりません。むしろ可愛いんです。

中高生ぐらいのティーンエージャーって、質より量なんです。友達とお出かけする時、前に来たものは着ていけない。だから、量が沢山ないと困るんです。でも、お給料で買えてしまうOLさんとは違いますよね。お小遣いは少ないし。 学生のお小遣いは、やはり限界があります。

そんな気持ちを代弁してくれるかのように、しまむらは、安い商品がいっぱいなんです。
全身コーディネートしても、5000円札でおつりがくるというわけ。

学生向けのアイテムだけじゃなく、老若男女がよろこぶ低価格アイテムがしまむらでは揃う

といっても、学生向けの服が売っているだけではありません。 メンズ、ベビー服、トドラー等の洋服も充実しています。赤ちゃんからお父さんお母さんまで、家族全員の洋服が買えてしまうんです。しまむらグループとして、数々の、世代に特化したお店が出店されています。ベビー&トドラー向けの「バースデイ」、お洒落雑貨の「シャンブル」おしゃれシューズ店の「ディバロ」等があります。

最近ではインスタグラムでしまむらで見つけた掘り出し物を自慢投稿するのが結構流行っているようです。「#しまパト」というタグをつけてその戦利品をシンスタで投稿するわけですね。「しまパト」というのは「しまむらパトロール」の略だそうです。だれが考えたんでしょうね?興味ある人は検索してみてください。

このように、WEBでも大人気のしまむら。お近くに店舗があるようでしたら、ぜひ利用してみてください。きっとお宝アイテムが見つかるに違いありません。

しまむらの通販サイトは?

※ざんねんながら2016年3月現在において、ファッションセンターしまむらの通販サイトは存在していません。 通販サイトがあればとても便利で利用者はかなり多いと思うのですが、開設されていない理由はあるのでしょうね。店舗ごとに取り扱っているモノに隔たりがあったり、仕入先の問題で全国統一の商品展開が難しいとか・・・。といっても、やはり機会損失になっていることには変わりないと思うので、しまむらさんが本気になって、しまむらオンラインショップができる日を心待ちにしましょう。店舗と同じアイテムが扱ってなくてもいいと思うんですよ。オンラインショップ限定の通販だけでしか変えないモノばかりを扱う、そんなしまむら通販サイトでいいのではないでしょうか?